エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-02-27

カンボジアの銀行、2017年に不動産セクターへ約4,000億円の融資

  • 海外不動産ニュース

カンボジアの銀行は2017年、国内の建設及び不動産セクターへ総額約3,910億円の融資を行った。この額は2017年度の総貸付ポートフォリオ全体の24.28%に及ぶ。

カンボジア国営ニュース(AKP)から得たカンボジア国立銀行(NBC)のレポートによると、建築業への融資総額は約1520億円、住宅購入のための個人ローンには約1480億円、不動産取引への貸付価値は約917億円であった。

「NBCによると、建築セクターはとりわけ中間所得者の成長による投資と需要増大で、ゆるやかなペースであるが2018年まで成長が続く。」とAKPは話す。

建設セクターはわずかな減少成長にもかかわらず、過去5年で35%という高い水準を保つという与信成長によって支えられている。

2017年末では、カンボジア全体の銀行の貸付は約1兆6100億円にのぼり、2016年度の16.8%より上昇している。同じく2017年末のレポート内には39の商業銀行や15の専業銀行、6の代表的な外国銀行がリストに連ねている。

カンボジアの最大手、アクレダ銀行の代表取締役副社長とグループCEOを兼任するソー・フォナリー氏は、2017年度のカンボジアの建築セクターは前年と比べて大きな成長をしていると話す。

「アクレダ銀行の住宅ローンでは約208億円の融資、リフォームローンでは約70億3千万円の貸付が2017年度実行された。」とフォナリー氏は述べる。これら2つのローンタイプは銀行の総貸付の9%にあたる。フォナリー氏によれば、ローン金利は年率18%なので月率では1.5%である。

アクレダ銀行の住宅ローンはUSドルでも利用出来、30万ドルまで融資可能だが住宅価格の70%以内としている。ローン期間は最大15年間である。

【参照】Banks loan almost $4bln to the property sector

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】カンボジアの不動産投資物件一覧
【関連記事】プノンペンの不動産投資物件一覧

【無料】カンボジアの不動産ガイド
SEKAI PROPERTYスタッフが、何度も現地に足を運んで集めた情報を「カンボジア不動産ガイド」にまとまとめました。

無料EBook:カンボジア不動産ガイド
毎月のようにカンボジア不動産視察に行く不動産投資のプロが監修

カンボジア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、カンボジア現地で実際に不動産を購入した投資家の監修のもと、

  • なぜカンボジア不動産なのか?
  • カンボジア不動産投資のメリットとデメリット
  • 外国人のカンボジア不動産購入の法規制

などについて、を28ページに渡り解説しています。カンボジア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

カンボジア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料ガイドブックをダウンロード