エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-02-27

カンボジアの不動産ディベロッパーアワード、プロパティグルが発表

  • 海外不動産ニュース

プロパティグル・カンボジア・プロパティアワード2018のノミネートが発表された。2度のベスト・デベロッパー賞の受賞経験があるBorey Peng Huogh Groupは、今回16件のノミネートを果たし、続いてLIXIN Construction(7件)、Parkway Investment Co Ltd(6件)となっている。

また今回、Re-Edge Architecture 兼 Design FounderであるHun Chansan氏の功績を称えることも予定されている。Hun氏は、カンボジア人の建築家やデザイナーを世界的に知らしめたその功績が認められ、その年の不動産業に貢献した人に贈られるReal Estate Personality of the Yearを受賞している。

第3回プロパティグル・カンボジア・プロパティ・アワードには、Key Real Estate Co Ltdの創設者であるSorn Seap氏が審査委員長として参加予定であり、CBRE CambodiaのThida Ann氏、SokSiphana&associatesのSok Siphana氏、Archetype CambodiaのMichel Cassagnes氏らの参加も予定されている。

プロパティグル・アジア・プロパティ・アワードの創設者兼ディレクターのTerry Blackburn氏は「年々進歩を遂げるカンボジアのデベロッパーには深く感銘を受けている。特に複合施設の分野における進歩は素晴らしい。カンボジアには大きな将来性があり、ここ2年間の彼らの活躍には目を見張るものがある。」と述べている。

受賞者は、タイで開催される第8回プロパティグル・アジア・プロパティ・アワード・グランドファイナル(2018/11/8-9 バンコクのアテネホテルにて開催予定)に進出することになる。

__________________

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】カンボジアの不動産投資物件一覧
【関連記事】プノンペンの不動産投資物件一覧

【無料】カンボジアの不動産ガイド
SEKAI PROPERTYスタッフが、何度も現地に足を運んで集めた情報を「カンボジア不動産ガイド」にまとまとめました。

無料EBook:カンボジア不動産ガイド
毎月のようにカンボジア不動産視察に行く不動産投資のプロが監修

カンボジア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、カンボジア現地で実際に不動産を購入した投資家の監修のもと、

  • なぜカンボジア不動産なのか?
  • カンボジア不動産投資のメリットとデメリット
  • 外国人のカンボジア不動産購入の法規制

などについて、を28ページに渡り解説しています。カンボジア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

カンボジア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料ガイドブックをダウンロード