エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

[PR] 「マレーシア不動産のキャピタルゲインの実績がわかる!期間限定無料配布中!」

2018-02-22

ミャンマーの不動産スタートアップ「シュエ・プロパティ」が7桁ドルの資金調達

  • 海外不動産ニュース

ミャンマーの経済都市であるヤンゴンに拠点を置く、不動産ポータルサイト「シュエ・プロパティ」社は、2月18日にロンドンに拠点を置く投資家(非公表)から7桁に及ぶドル資金を調達した発表した。このロンドン拠点の投資家は、ミャンマーでの事業拡大を目指している。

今回のラウンドには、数々のオンライン・マーケットプレイスを運営するスウェーデン拠点のヴォストーク・ニュー・ベンチャーズ社が参加した。そしてシュエ・プロパティの新取締役社長として、カンボジアの不動産会社「センチュリー21」の元CEOであるケヴィン・グース氏が就任した。

ヴォストーク・ニュー・ベンチャー社のCEOであるペル・ブリリオフ氏は、「ミャンマーの大手不動産会社に投資出来て嬉しい。彼らはミャンマーでトップのマネージメント能力を持っており、驚くほどビジネスを牽引してる。」と述べた。 ヴォストーク・ニュー・ベンチャー社はナスダック上場企業であり、ストックホルムでの純資産は8億7,800万ドルにのぼる。

シュエ・プロパティ社の主力チームはCEOのジャスティン・スウェイ氏と設立者兼取締役のカン・トゥ・ウィン氏、そしてグース氏である。スウェイ氏は2015年5月にスタートアップのため未公開で6桁に及ぶ投資を行った。

昨年度は熟練した不動産実業家ジル・ブランシャール氏をストラテジック・インベスターとして任命し、シリーズAでも6桁ドルを調達した。

シュエ・プロパティ社は自社プラットフォームに10万件以上の物件を掲載しており、バイヤーや賃貸、購入希望などの人々とコンタクトが取れるようになっている。「ヴォストーク・ニュー・ベンチャー社とシュエ・プロパティ社がファミリーになったのは大変喜ばしい。私たちは彼らと、そして素晴らしい株主と共にミャンマーの不動産市場をトップで維持したいと思っている。」とスウェイ氏は話す。

スウェイ氏はミャンマーの求人ポータルサイト「ジョブネット」社のCEOでもある。ジョブネット社にも2017年5月に機関投資家によってシリーズAで7桁の資金が調達されている。

_______________________

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。