エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-02-16

マレーシア・クアラルンプールで高級物件の不動産価格が下落

  • 海外不動産ニュース

クアランプールの一等地であるKLCC地区の高級レジデンスは、1平方フィートあたり2,500リンギットの販売価格から、現在は1,800リンギット以下までに下落していると不動産コンサルタントは述べている。

ラヒム社の取締役会長であるタン・スリ・ラヒム氏も、ここ数年でハイエンド・レジデンスの価格が下がったと、同社の出版物である不動産市場レビュー2017/2018年度のデータと共に指摘した。

例えば同社のKLCC地区のハイエンド・コンドミニアムとアパートメント・サービスの平均不動産取引価格は、高級レジデンス『One KL』で1平方フィートあたり1,093リンギットであり、2015から2017年までのCARG(年平均成長率)はマイナス9,2%だった。また同じく高級レジデンスの『クアドロ・レジデンス』は1平方フィートあたり1,174リンギットでCAGRはマイナス2,9%であった。

同地区の他の高級不動産、『ザ・トロイカ』や『セイント・マリー・レジデンス』、『パヴィリオン・レジデンス』なども同様の下落が見られた。

同誌によればクアランプールの高級不動産は、今も個人資産家や外国人バイヤーにとっては比較的手頃な価格である。クアランプールの物件の不動産価格は1平方メートルあたりUSドルにして400~700ドルであり、東南アジアの他国と比べても安い。バンコクでは1平方フィートあたり900~1,000USドル、シンガポールでは2,000USドル以上からの価格である。

マレーシアでは政府が市街地の高級物件に関しての新プロジェクトの承認を昨年11月に凍結した。これによって自由なビジネスが中断されたと現地の不動産は話す。

これに対し現地のバンカーであるスレイマン氏は、不動産会社のプロジェクトの実現のために、専門のコンサルトにフィージビリティ・スタディと市場調査を任命するべきと述べている。

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】マレーシアの不動産投資物件一覧
【関連記事】クアラルンプールの不動産投資物件一覧
【関連記事】ペナンの不動産投資物件一覧
【関連記事】ジョホールの不動産投資物件一覧

【無料】マレーシアの不動産ガイド
マレーシアの不動産情報投資に成功した投資家の体験を基にした、「マレーシアの不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料ダウンロード資料:マレーシア不動産ガイド
マレーシアの不動産投資で1,500万円以上の利益を確定させた投資家が監修

マレーシア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、当社経由でマレーシア不動産投資を行い、実際に1,500万円以上の利益を確定させた投資家の監修のもと、

  • マレーシア不動産投資物件6つの値上がり事例
  • マレーシアは不動産投資先国としてどう評価できるのか?
  • マレーシア不動産投資の5つのメリット

などについて、40ページに渡り解説しています。マレーシア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする