エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-02-16

タイ大手財閥デベロッパーTCC、40億バーツ投じSC開発

  • 海外不動産ニュース

小売商業施設・オフィスビル・海外ホテル事業を手掛けるタイの大手財閥TCC傘下の不動産デベロッパー、TCCランドはバンコクのバンスー区で商業施設ゲートウェイ・バンスー(Gateway Bang Sue)を開発中だ。

当建物は、都市鉄道タオプーン駅の西約650メートルに位置し、敷地面積約1.4ヘクタール、売り場面積約40,000平米、40億バーツ規模で建設される。2018年度後半にオープンを目指している。

TCCランドは、アジアテック(Asiatique)ゲートウェイ(Gateway)パンティップ(Pantip)プラザ(Plaza)ボックスペース(Boxspace)の商業施設ブランドを都心と地方で展開している。

今後10年以内に400憶バーツを投じて20の商業施設・大型施設に投資する予定だ。

現在、ゲートウェイ・バンスーに加えゲートウェイラマ2世通り(Gateway Rama II)にボックススペース・バンナー(Box Space Bang Na)と地方ではパンティッププラザ・チェンマイ(Pantip Plaza · Chiang Mai)を開発している。

今後もホアヒン、パタヤ、プーケット、サムイ等でアジアティークブランド中心に展開する予定だ。

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】タイの不動産投資物件一覧
【関連記事】バンコクの不動産投資物件一覧
【関連記事】チョンブリの不動産投資物件一覧

【無料】タイ不動産ガイド
タイの不動産投資情報の動向をまとめた、
「タイ不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料EBook:タイ不動産ガイド
タイの不動産投資について10分で分かるガイドブック

タイの不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、

  • タイのおすすめ不動産投資エリア
  • 不動産投資先としてのタイの可能性
  • タイ不動産の税制・法制

などについて、を27ページに渡り解説しています。タイ不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料ガイドブックをダウンロード