エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

[PR] 「マレーシア不動産のキャピタルゲインの実績がわかる!期間限定無料配布中!」

2018-02-09

バンコク都心部の新築マンション、前年同期比5.6%上昇

  • 海外不動産ニュース

イギリスの大手不動産コンサルティング会社のナイトフランクの調査によると、昨年下半期にバンコクで販売された新築マンションの平均価格は、1㎡あたり15万2371バーツ(約53万円)であった。

ナイトフランクは1896年創業、創立以来120年の歴史と経験をもつイギリス国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、中近東など世界58か国に417支店を設け、従業員13,000人以上を誇る世界でも屈指の不動産総合コンサルティング会社である。

バンコクのビジネス中心街区CBCの土地価格はすでにASEAN諸国の中でも高い水準にあるが、1㎡あたり24万1585バーツ(約82万円)と前年同期比5.6%上昇した。

同エリアにおける過去最高額の取引は、バンコクのデパート「セントラル・チットロム」向かいにあるチットロム通りの土地で、1㎡あたり平均35万バーツ(約119万円)という価格であった。

ナイトフランクによると、開発用地の不足や地価の上昇により、バンコク中心地のマンション価格の上昇は続くという。

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】タイの不動産投資物件一覧
【関連記事】バンコクの不動産投資物件一覧
【関連記事】チョンブリの不動産投資物件一覧