エリア

建物タイプ

価格帯 (undefined)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-11-28

ビットコイン決済の可否が、不動産購入の決め手になるか

  • 海外不動産ニュース

オーストラリア、メルボルンのある不動産オーナーは、物件の売却の際にビットコインを受け入れるとし、オーストラリアで初めてのビットコインを用いた不動産取引となる可能性があると、ニュースサイト、Domain(ドメイン)が報じた。

今回、ビットコインで物件の売却を行うのはメルボルンの不動産オーナーであるロブ氏だ。彼いわく、ビットコイン決済ができることが、顧客にとって物件購入の決め手となるという。

デジタル通貨が主流になるにつれて、現金の代わりにビットコインを利用したいという買主・売主が増えていることから、世界中の政府は仮想通貨決済におけるガイドライン策定を進めている。オーストラリア・ビクトリア州によるとビットコインでの決済が買主と売主で合意された場合、その決済は合法であると述べた。

しかしオーストラリアの税務署はビットコインを資産として取り扱い、ビットコインの取引を記録していく必要があると述べた。州政府は、買主と売主がビットコインを用いた不動産取引をする際の、規制要件を満たす制度の枠組み作りを急ぐ。

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。