エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2017-11-27

シンガポール・ケッペルランド、タイで2つの不動産事業を展開

  • 海外不動産ニュース


シンガポールに本社を構え、海外で不動産開発を展開しているKeppel Land(ケッペルランド)は11月23日、タイ首都バンコクの都心に2つ新しいプロジェクトを始めると発表した。ケッペルランドは、タイの商業地を9600万米ドル(約101億円)で2つの土地を所有する。今回の、ケッペルランドの完全子会社とタイの開発業者であるKPN Land(ケーピーエヌ ランド)がジョイント・ベンチャーを行い、土地の取得を行った。

ケッペルランドのCEOは「都市化が進むタイ・バンコクではまだまだ中間層の伸びが期待でき、インフラ改善も行われるため、今後もタイでの不動産事業を進めていきたい。」と述べる。プロジェクト1はアソークに近いスクンビット16付近に建つ。高層オフィス&マンションになる予定で、24階建て、140世帯が入居できる。グレードの高いオフィスや商業施設であるターミナル21、ウェスティンホテルなどの近くとなる。プロジェクト2はスクンビット28周辺の居住地域に建設される見込みだ。265部屋、30階建てとなる。

エンポリアム・デパートの近くにできる。ケッペルランドは、シンガポールの Habourfront(ハーバーフロント)駅にオフィスを構え、海外展開で日本人に馴染み深いところでいえば、ベトナムのホーチミンにある伊勢丹の真横でサービスアパートメント事業を行っている。