エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2017-11-23

タイ大手財閥傘下の不動産開発業者、モルディブに初のレジャー施設開発を発表

  • 海外不動産ニュース


タイの大手財閥ブンロート・ブルワリー傘下で不動産開発業者のシンハー・エステートは11月20日、モルディブ初となるファミリー向けのリゾート施設を開発することを発表した。 このプロジェクトでは、9つの島に合計1,300室の宿泊を兼ね備えたレジャー施設を建設する予定だ。総工費は6億8千万USドル。2018年・2023年の2つのフェーズに分けて、開発を行う。 

一つ目のフェーズで開発する島は、マーレ国際空港からスピードボートで15分と比較的アクセスに便利なところに位置する。この島には、世界クラスのレストラン、ショップ、エンターテイメント、レクリーエーションの誘致を行う。そしてモルディブ初のレジャーが体験できる設備を備えている。 

本プロジェクトは、世界的に有名なHard Rock Café(ハードロックカフェ)を経営するハードロック・ホテルグループやスペインの知られざるリゾート、イビサ島のビーチクラブCafé Del Marを誘致するとされている。 これまでモルディブは主に新婚旅行の定番の行き先として捉えられていた。しかし、こうしたレジャー市場への開拓は、中間層から富裕層まで対象にした新しいコンセプトになることと想定されている。