エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

[PR] 「マレーシア不動産のキャピタルゲインの実績がわかる!期間限定無料配布中!」

2017-11-21

香港人の海外不動産投資額が前年比2.2%増加する見込み

  • 海外不動産ニュース


香港人の海外不動産投資額が大幅に伸びている。不動産投資コンサルティング・APアセットのCEO莫佩雯は、香港人の海外不動産額は前年比2.2%増加する見込みであると発表したと香港経済新聞が報じた。

近年、中国本土の富裕層による香港への不動産投資増加の影響で、不動産価格の上昇が続いている。香港の不動産価格は、2017年5月第一週まで12週連続で最高値を更新し、2008年12月と比較して2.8倍となった。また、香港内の預金金利低下により、香港人にとって国内投資のうまみが減少している。

これらを背景として、香港人の海外不動産投資が加速している。康宏国際地産投資顧問が実施した「不動産投資先として興味のある国ランキング」によると、第一位がイギリス、第二位がオーストラリアとなり、日本は第三位となった。特にイギリスの中では、マンチェスターやバーミンガムなど、ロンドンと比較すると住宅の平均価格の安い地域の人気が高まっている。

また、香港内で日本に対する不動産も注目を集めている。香港では賃貸物件の利回りが3%程度である一方、東京都内では利回り5%程度の物件もあるため、相対的に日本の物件に対する人気が高まった。