エリア

建物タイプ

価格帯 (undefined)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-11-16

【海外移住調査】一番人気の移住先は?移住後、持ち家はどうする?

  • 海外不動産ニュース


株式会社シースタイルは、国土交通性が定める調査「住生活月間」に合わせて、不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を利用した20代以上の男女全国439人を対象に「海外移住」についての調査を行った。

本調査では、「海外移住をしたことがあるか」という質問に対し、13.4%が「はい」、86.6%が「いいえ」と回答した。「はい」と回答した対象者のうち、移住国として最も多かったのが「アメリカ」(37.3%)、次に多かったのが「フィリピン」(13.6%)、それ以降は「ハワイ」「中国」「イギリス」と続いた。

海外移住のきっかけとして最も多いのは、「転勤」(47.5%)であり、「留学」(30.5%)、「趣味を楽しむ」(10.2%)が続いた。また、「転勤」を理由として移住した人の22.0%が、アメリカに移住したと回答した。

将来の海外移住について、最も人気があるのが「ハワイ(24.1%)」、「マレーシア(13.0%)」、「オーストラリア(8.0%)」「タイ(8.0%)」と、欧米に限らず東南アジアも人気があること分かった。

現在の住居形態に関する質問では、現在の「持ち家』(67.9)、「賃貸』(23.5%)、「親や親族との同居』(5.6%)、「官舎・社宅・寮』(3.1%)という構成になった。またそのうち、持ち家の方に「海外移住する時、自宅はどうするか?」と聞くと、「売却する」(36.4%)が最多となった。