エリア

建物タイプ

価格帯 (undefined)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-11-08

日本の海外不動産投資額が21億超え。海外不動産への投資が増加する見込み

  • 海外不動産ニュース


総合不動産サービス大手のJLLは11月7日、日本の商業用不動産投資を分析したレポート「ジャパン・キャピタル・フロー 2017年第3四半期」をリリースした。同レポートでは日本企業や日本投資家の海外不動産投資が拡大していることを報じている。

2017年1月から9月の海外不動産の投資額は21億ドル(約2400億円)で、2017年通年にすると2006年の金融危機以前の水準にまで達すると予想されている。

また海外不動産への投資を検討する理由は、低金利の長期化により低下した資産運用、ポートフォリオの多様化によるリスク分散と述べている。

JLLリサーチ事業部 谷口 学氏は、「海外投資家による投資額も増加しており、積極的にリスクを取る投資家に対しては投資機会が開かれている状況といえる」と述べ、海外不動産投資の可能性を指摘している。