エリア

建物タイプ

価格帯 (undefined)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-11-08

ベトナム不動産最大手FLCグループが、東京に駐在員事務所を開設

  • 海外不動産ニュース



ベトナムの不動産最大手FLCグループは、ベトナムの不動産企業としては初となる、日本への駐在員事務所を開設した。「アジア最大の市場である日本に拠点を開設したことで、ベトナムの民間企業の発展を象徴できたことを誇りに思う。」。オープンセレモニーでは、FLCグループの会長であるチン・バン・クイエット氏が挨拶を行った。

FLCグループはベトナムのハノイを拠点とし、同業界最大手のビングループと凌ぎを削る新興不動産企業である。ビングループが富裕層をターゲットに高級住宅を販売するのに対し、FLCグループは、ベトナム国内で勃興する中間所得者層をターゲットに、比較的安価な物件を提供し業績を伸ばす。

また、FLCグループは不動産のみでなく、貿易や製造、ハイテク農業、労働者派遣、カジノなどを手掛けるコングロマリット企業でもある。

今回のFLCグループの日本支店開設の背景には、医療や農業、不動産や観光、ゴルフなど、多様な業界の日本企業との業務提携があると考えられる。中長期的には、同社が取り組む事業に対し、日本からの投資を加速させる狙いがあるだろう。