エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2017-08-02

日本の不動産会社による東京都開発プロジェクト

  • 海外不動産ニュース


日本の不動産会社は東京の大規模再開発プロジェクトの一部である新築物件に顧客を引き寄せるため尽力している。



ヤフー(株)は2016年11月、ロッジと呼ばれるコンビニエンスストアに約1,330平方メートルの新しいオフィスを立ち上げた。スペースは無料のWi-Fiと電源を提供するだけでなく、隣にレストランがあり、休憩中の社員にとって憩いの場になっている。「1日あたり約200〜300人の利用客がいらっしゃる。私たちは将来の成長のために革新を必要としているので、従業員が社外の人とも交流できるように共同作業スペースを作ったのだ。」とロッジのサービスマネージャであるウエダ・ユウジ氏は述べている。



7月21日〜31日に株式会社西武プロパティーズが開催したイベントでは、1,000本以上の風車と1,300種類の風鈴が飾られていた。ハナビバー(Hanabi Bar)で飲みながら、線香花火を楽しむことができる。株式会社西武プロパティーズのシニアマネージャーであるセキネ・サトシ氏は、「私たちは日本での日常生活を代表する新しい価値を創造しようとしている」と語った。次の2020年のオリンピックまでに、東京の様々な地域で同様の再開発プロジェクトが進行中である。



日本の主要なディベロッパーの1つである森ビルは、港区の虎ノ門地区の開発に専念している。 2020年までに、東京メトロ日比谷線と東京ベイエリアの地区に接続するバスターミナルの新しい駅が開発される予定だ。








Beyond Borders 編集部:橋本

引用:Tokyo real  estate firms use creative promotion