エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2017-07-05

香港、ロンドン、ニューヨークは世界で最も高級なオフィスを有す

  • 海外不動産ニュース


本年度のCBREの最新高級オフィスビル貸出報告(レンタル費用、地方税、高級オフィスのサービス費用含め)によると、香港(中環)、ロンドン西区がトップで輝いている。

香港(中環)オフィスビルの毎年平均レンタル費用は毎フィート214ドル、全世界で最も高価なオフィスビル地帯となった。その次はニューヨークで毎フィート203ドルで、香港(西九龍)は毎フィート190ドル、そして北京(中央ビジネス区)毎フィート183ドルになる。

CBRE主席の経済学者リチャード・バークハムは、「そのリストのトップ10はやはり世界中のハブ都市がたくさんのビジネスを引きつけている」と述べた。

世界高級オフィスビルのレンタル費用は去年と比べ、1.9%上がっていて、北米地区は3.6%上昇、ヨーロッパ、中東とアフリカ地区は0.8%、アジア及び太平洋地区は1.2%上昇した。

CBREは世界中で121の高級オフィスビルのデータを収集した。トップ50位の最も高価な市場の中で、21棟はアジア太平洋地区に、16棟はヨーロッパ、中東アフリカ地区、そして13棟はアメリカ地区に所在してある。


ヨーロッパ、中東及びアフリカ地区(EMEA)

この地区では、ダーバン(南アフリカ)は地区内レンタル費用の増加が最も多かった都市で、それに対し、ストックホルム(スイス)はヨーロッパで増加が最も速い地域である。マヨルカ(スペイン)、ベルファスト(イギリス)とアムステルダム(オランダ)はすべて2桁の増加率をキープ、リヨン(フランス)とベルリン(ドイツ)はそのすぐ下をフォローする。


アジア太平洋地区

アジア太平洋地区では、浦西(上海)はレンタル費用の上昇が最も多く、バンガロールと浦東(上海)はそのすぐ下をフォロー。

シンガポールのレンタル火は下降を継続していて、これは十分なオフィスビルの供給と通貨の膨張率と関係している。全世界のトップ10都市の中で、7都市がアジア太平洋地区にあり、それぞれ香港(中環)、香港(西九龍)、北京(中央ビジネス区)、北京(金融街)、東京(丸の内・大手町)、ニューデリー(Connaught広場ー中央ビジネス区)と上海(浦東)である。


アメリカ地区

アメリカでは、デンバーのレンタル費用が最も上昇し、ヒューストンとニューヨークが続いた。しかし、アメリカ地域全体で最も上昇したのは南米のブエノスアイレスであった。

ニューヨークは世界で第三位、依然とアメリカで最も価値のあるポジションを保つ、南米で最も高価な場所はサンパウロである。



著者:張 言

【参照URL】Global Prime Office Occupancy Costs, June 2017