エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2017-07-05

香港帰還後不動産上昇

  • 海外不動産ニュース


1997年7月1日の香港帰還後、香港の不動産価格が常に上昇してきました。新築マンションはすぐ売り切れなる状況である。

過去20年間、不動産価格は絶えずより高く更新し、買い手たちの購入意欲も減衰したことない。しかし、今回の価格上昇の原因は、何故か違う理由がありそう。それは中国大陸の不動産開発業者の需要である。

聯昌国際銀行の数値によると、近年大陸企業が香港での動きがますます活発になってきた。しかし2011年以前、彼らは香港市場でまったく存在感すらなかった。今年大陸勢は香港不動産売り出しを大きく占めた。その中著しく輝いたのは、陳峰の海南航空、彼らは香港の旧空港のそばで新たなプロジェクトを始めるそうだ。

不動産売買で大陸の開発業者で総額の最高額を更新し、直接不動産価格の上昇を誘発した。しかし、本来香港の不動産価格すでに世界でも高い水準であって、投資が難しい場所である。その一連の数値によると、1997年以来、香港の不動産価格は76%も上昇した。

それは低収入層に対して、まさしく我が家の購入が青天を登るほど難しいと例えられる。例えば、計算によれば、月収1500香港ドルの人たちにとって、毎月の半分を住居のローンに当てなければならない。80年をかけてやっと500平米の住宅ローンを支払いきれる。

上がり続ける香港の不動産価格はすでにたくさんの人の悩みのタネとなっていて、香港中央銀行がさらに警告も出した。対策を模索するため、特別行政区の金融管理部門はすでに先月に新たに2条不動産ローン対策を追加した。


著者:張 言

【参照URL】This Is How Much Hong Kong Property Has Surged Since British Rule