建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-03-15

コンゴ・キャシャサのおすすめ観光スポットを一挙紹介!不動産視察の際に行ってみよう

  • 海外不動産コラム

コンゴなどアフリカ観光に興味がある人もいるだろう。アフリカはこれから発展する可能性が高くおすすめの地である。不動産投資についても注目を集めており、近年は不動産投資としても人気である。コンゴも発展の可能性が高いのでぜひ見学してみるといいだろう。ここではキャシャサなどを紹介したいと思う。


キンシャサ

キンシャサはかなりの大都会でアフリカ各国の中でも有数の都市である。人口は1000万人ほどだと言われている。また外国人の居住も見られる。ベルギー人は2000人ほど居住している。日本人は30人前後だ。1000万人の中の30人に遭遇したら、それこそラッキーかもしれない。


ゴンベ

キンシャサを散策するならゴンベがおすすめだ。ゴンベはキンシャサの中心地を示す。このあたりは高級住宅街でもある。高級住宅街を見てまわるのも楽しいだろう。周辺には企業や大使館なども多く点在している。どういった企業があるか見学してみるのもおすすめだ。


駅前広場

ゴンベのオアシス駅前広場もおすすめだ。時間があれば駅前広場にも立ち寄ってみるといいだろう。たびたびリニューアルもされており綺麗に整備されている。モニュメントについては白で象徴的なものの1つだ。もともとは土色だったものがリニューアルの際に白に変更されている。次回は違う色になっているかも?


聖アンヌ教会

コンゴはベルギー統治時代を経た歴史がありベルギーに関する関わりも深い。そうした影響からベルギー人が多く居住している。コンベにはベルギー統治時代に建設された聖アンヌ教会がある。とても綺麗なので見学するといいだろう。アフリカは統治の歴史も欠かせないものだ。これらについて見学すると歴史が把握できるだろう。


国際プロテスタント教会

国際プロテスタント教会についても定番の観光スポットの1つだ。国際プロテスタント教会はベルギーの統治時代に建設されたものだ。プロテスタント教会として君臨している。ベルギーと言えばカトリックが主体である。プロテスタンについても実は宣教師がけっこういる。そしてここコンゴを訪れていたのだ。

アフリカは今大きく変化しつつある。かつてのイメージとはまるで違う印象を受ける人も多いだろう。急激に経済が伸びる可能性も秘めており今後も楽しみである。こうした場所に不動産投資をしてみるのもおもしろいかもしれない。

著者:タカピオ