建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-02-20

アンティグア・バーブータ・首都セントジョンズのおすすめ観光スポットを一挙紹介!不動産視察の際に行ってみよう

  • 海外不動産コラム

アンティグア・バーブーダの首都セントジョンズは西インド諸島にある島だ。島からはカリブ海を一望でき観光スポットとしても注目されている。こんな場所に別荘があったら・・・と思わずにはいられない素晴らしい地だ。ここではセントジョンズでぜひ観光したいおすすめスポットを紹介したいと思う。


商店街「ヘリテージ・キー」

セントジョンズの街はとても小さい。中心部の観光なら30分もあれば十分だ。人通りも多いとは言えない。のどかな雰囲気が好きな人向けの場所である。まずはこのあたりを歩いてみると良いだろう。街の雰囲気も伝わってくる場所だ。大型客船などのクルーズがたまに立ち寄る。そうなると一気に人で街が溢れかえる。


街のシンボル「セント・ジョンズ教会」

セントジョンズ教会はセントジョンズのシンボルとなっている教会だ。この教会はぜひ見てほしい。お祈りをささげている人々もいる。St. John's Anglican Cathedralというのが正式名所だ。ここの教会は雰囲気がありファンも多い。


サトウキビプランテーション跡地「Betty's Hope Distillery」

セントジョンズは街の規模が小さいので観光スポットも多いとは言えない。Betty's Hope Distilleryは数少ない観光スポットの1つである。Betty's Hope Distilleryはサトウキビのプランテーションの跡地であり、現在は住居跡や風車2基があるだけだ。


要塞跡「フォート・バークレー」

フォート・バークレーはネルソンズ・ドックヤードの奥に位置する要塞跡だ。ここは観光というより散歩コースといった感じだ。散歩がてらフォート・バークレーを目指すといいだろう。イングリッシュ・ハーバーやシャーリー・ハイツなども見渡すことが可能で景色もとても良い。ここは砲台が現在も臨戦態勢で置かれている。


世界遺産登録にもなっている「ネルソンズ・ドックヤード」

ネルソンズ・ドックヤードは世界遺産登録にもなっている最古の造船所だ。ここは1792年に建設されたと言われている。敷地はとても綺麗だ。たびたびセレブが集まり、ヨットハーバーなどを楽しんでいる。


セントジョンズ素朴な街である。しかしながら雰囲気が良いため大型客船の立ち寄り場ともなっている。今後さらにセントジョンズは観光化されることも予想される。のどかな雰囲気を楽しみたいなら今のうちがチャンスだ。



著者:タカピオ