建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-02-14

カンボジア不動産投資における「Airbnbの需要」について考える

  • 海外不動産コラム

カンボジアは大きく変わりつつある国の1つです。最近では外資系企業の参入が相次いでいます。プノンペンは経済発展も目覚ましく不動産についても注目されてつつあります。プノンペンで不動産投資を検討している人はAirbnbの活用もおすすめです。Airbnbの方が通常の賃貸よりも利益が出るケースも増えています。この機会にAirbnb利用を検討されてはどうでしょうか。


カンボジアのAirbnbについて

カンボジアの不動産投資を検討している人はAirbnbを見てみることをおすすめする。カンボジアでもAirbnbの活用は増えており、オーナーとして投資する人も増加中だ。どういったものか試しに利用してみるのも良いだろう。

プノンペンは特にAirbnbでの物件が増えつつある。みなさんもご想像通り、プノンペンは物件も需要も高まっている。カンボジアでAirbnbオーナーを目指すならプノンペンがおすすめだ。


カンボジアのホテルについて

カンボジアはホテル建設も急ピッチで行われている。高級ホテルも増えつつある。特にプノンペンはそうした状況が続いている。



カンボジア不動産でねらい目のエリアはどこ?

プノンペンといってもいくつかのエリアがある。集客がしやすいエリアはどこか?というとズバリ「ボンケンコンエリア」だ。このあたりはプノンペン随一の繁華街であり、高級コンドミニアムの地区である。外国人はこのあたりの滞在が多い。コンドミニアムもこの周辺に借りたいといった人が多いのでここをターゲットにすると良いだろう。

ボンケンコンエリアはAirbnbでもたびたび登場している。Airbnbを見てみるとボンケンコンエリアの高級コンドミニアムを貸し出ししている例もある。ボンケンコンエリアなら集客率も高い。そして不動産投資としても有望である。需要が高いエリアとなっているので、ぜひ検討してみるといいだろう。


カンボジア観光おすすめエリア

カンボジアは長く続いた内戦の影響で現在も地雷が埋まっている地区が存在する。おすすめのエリアはガイドブックで紹介されているエリアだ。興味本位で知らないところにいって地雷を踏んでしまってはそれこそ大変だ。脅すわけではないが、実際に地雷の被害で亡くなった方や体が不自由になった方がたくさんいる。不動産見学を兼ねて行くならまずはプノンペン入りがおすすめだ。


著者:タカピオ