建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-02-14

アメリカ不動産投資における「Airbnbの需要」について考える

  • 海外不動産コラム

アメリカの不動産購入を検討している人の中には賃貸で生計を立てたいといった人もいるかと思います。そうした人におすすめなのがAirbnbの活用です。中にはAirbnbを利用して宿泊したことがあるといった人もいることでしょう。Airbnbの需要についても気になるところです。ここではアメリカのAirbnbの需要に注目し紹介したいと思います。


アメリカの不動産投資について

アメリカの不動産投資は外国人が参入しやすい法律となっており、実際に外国人の不動産所有が多く見られる国でもある。アメリカの不動産投資は価格の安定度も高いことから、安心して購入できるという声も多い。特に立地がいいところは築年数に関わらず価格は安定している。一方どんなにいい物件でも立地が悪いと価格はいまいちだ。アメリカの不動産投資で賃貸で収入を得たい人もいるであろう。賃貸については通常賃貸の例もあれば、最近ではAirbnbの賃貸も増えている。この機会にAirbnbの賃貸を検討してみてはどうでしょうか。


アメリカでのAirbnbについて

アメリカでもAirbnbの供給需要は増加しつつある。中には通常の賃貸からAirbnbに切り替えるオーナーも増えている。なぜAirbnbに切り替えるのか?というと収入がアップするからだ。通常賃貸が仮に月10万円だったとしよう。その部屋を1日あたり1万円で貸し出したら、30日で月30万円である。例え半分しか埋まらなくても15万ほどとなる。このように1日あたりでレンタルすると通常賃貸よりお得というわけだ。

ニューヨークなどでもこうした動きは加速している。人気の地区はAirbnbについても借りてが付きやすい。不動産投資もAirbnb狙いでやってみるといいだろう。


繁忙期は特にねらい目

繁忙期はホテルも不足しがちだ。またホテルが高騰する場合もある。そんなとき目を向けられるのがAirbnbだ。Airbnbは今後さらに普及していくことが予想される。ホテルよりも宿泊費を節約できるのもポイントの1つだ。また不動産オーナーとしては通常賃貸よりも収益を得られる可能性もある。場所や借りてがつくかどうか?にもよるが、けっこういい収入になっている人もいる。最近ではAirbnbに切り替えるオーナーも増えており、今後そうした傾向はさらに続く見込みだ。


立地について

アメリカはとにかく国土が広い。移動は基本的に車だ。旅行者は車がない場合も少なくない。Airbnbオーナーを目指すなら旅行者視点にたってアクセスがいい場所を選ぶことが大事だ。駅付近などは最高である。不動産投資の目安としてぜひ参考にしてほしい。


観光でもニューヨークは定番

観光でもニューヨークは定番だ。実際に行ってみるとさらなる刺激を受けることだろう。ニューヨークの街中をぜひ肌で感じてほしい。


著者:タカピオ

    【無料】アメリカの不動産ガイド
    アメリカ不動産について体系的に理解できる、「アメリカ不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

    安定した経済成長を遂げるアメリカ。

    またアメリカは中古市場が流通が盛んで、メンテナンスさえしていれば
    日本ほど資産価値が下がりにくいという。

    今回は、そんなアメリカについて、

    • 不動産投資の可能性
    • 節税が期待できる減価償却の仕組み
    • 不動産投資をするのにおすすめのエリア

    など、アメリカの不動産について27ページに渡り解説しています。

    アメリカ不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

    無料で資料をダウンロードする