2017-02-14

フィリピン首都・マニラで物件視察の際に立ち寄りたい絶品グルメのレストランをご紹介

  • 海外不動産コラム

フィリピンの物件は引き続き人気となっています。経済成長も順調のため今後さらに不動産についても期待されており、投資家たちも注目しています。フィリピンの不動産ですが、マニラについてはコンドミニアムの建設も増加しており、今後さらに外国人移住者が来ることが予想されます。そんなマニラですが、不動産視察の際は、ぜひフィリピンらしいおいしいグルメを堪能したいところです。ここではマニラおすすめレストランをご紹介したいと思います!


フィリピンNO.1のファーストフード「ジョリビー」
フィリピン人がイチオシするファーストフードと言えば「ジョリビー」だ。フィリピンのソウルフードと言っても過言ではない。ジョリビーは1度食べてほしいレストランだ。メニューはフライドチキンやライス、スパゲッティーなどだ。甘いタレがなんとも言えない風味だ。最初は甘いと思うかもしれないが食べると病みつきになる。タレなしでもいける味だ。


シーフード好きにおすすめ「シーサイドマーケット」

マニラは周辺の海からおいしい魚がたくさん入荷する。シーフードについても種類が豊富だ。シーサイドマーケットは地元の人も購入するリアルなマーケットである。日本では見たことがないシーフードにも巡りあえる。南国らしい魚が多数立ちならぶ市場だ。
シーサイドマーケットは魚の購入だけではなくその場で調理してくれるのだ。自分で好きなシーフードを選び、その場で調理をオーダーすればOKだ。調理方法がわからない人はバーベキューでオーダーするといいだろう。これは普通の塩焼きだ。味が足りなければソースを足せばOK。和風で食べたい人は醤油とわさびを持参することをおすすめする。


サラダを食べたくなったら「ジノスブリックオーブンピザ」

旅行先ではサラダが不足しがちといった人もいるだろう。サラダを食べたい人にもおすすめしたいのが「ジノスブリックオーブンピザ」だ。ここのピザもいいが、サラダ目当てで来るお客さんも多いのだとか。それも納得だ。サラダでイチオシなのが「House Salad with Burrata」というメニューだ。野菜の上にトロトロチーズがトッピングされている。ここのチーズはチーズ好きも納得にチーズだ。フィリピンでおいしいチーズメニューに出会えるとは驚く人も多いであろう。フィリピン一のチーズメニューといっても過言ではないおいしさだ。


和食が恋しくなったら「一風堂」
マニラには一風堂も進出している。滞在中和食が恋しくなるといった人も多いだろう。そうした人は一風堂がおすすめだ。だし巻き卵と餃子も人気メニューだ。


著者:タカピオ