建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-02-13

ベトナム・ハノイのおすすめ観光スポットを一挙紹介!不動産視察の際に行ってみよう

  • 海外不動産コラム

ベトナムの経済発展は目覚ましくベトナム進出を検討している人もいるだろう。ベトナム不動産投資についても注目度が高く、最近はハノイについても外国人の投資が相次いでいる。ハノイはホーチミンと比較すると地価も安いので投資しやすい場所となっている。また何と言ってもベトナムの首都なのだから今後はますます発展するであろう。ハノイの不動産視察ツアーも急増している。せっかくのハノイ入りなので観光も楽しみたいところだ。ここではハノイでぜひ立ち寄ってほしいスポットを紹介したいと思う。


ベトナム本場の「タンロン水上人形劇場」

ベトナムと言えば水上人形劇だ。ホーチミンでも見学可能だが、もともとの本家はハノイである。ここでは他では見ることができない見事なエンターテインメントショーが開催されており、ベトナムの人々はもちろん世界各国の観光客を魅了する劇が開催されている。

水の上を動く人形たちの動きは見事である。動きのカラクリを知りたいといった人も多いだろうが、残念ながら極秘となっている。神秘的なのもまた魅力の1つだ。

公演は1日5回15時30分、17時、18時30分、20時、21時15分となっている。ツアーの合間の時間のチケットを購入するといいだろう。ハノイの街はけっこうコンパクトで徒歩や自転車でも十分移動は可能である。ホテルからそう遠くないのであれば直接タンロン水上人形劇場に出向き、チケットを購入するといいだろう。

チケットは席によって値段が異なるので注意が必要だ。可能であればなるべくステージ付近で見学したいところだ。


大亀が住むと言われている「ホアンキエム湖」

時間はあるときにぜひ立ち寄ってほしいのがホアンキエム湖である。この周辺はホテルも多いのでホテルから徒歩で行けるといったケースも多いだろう。ホアンキエム湖はタンロン水上人形劇場からも近い。徒歩で10分ほどの距離だ。

ここには大亀が住んでいるといわれる伝説がある。ハノイの中心地にある湖でハノイの人々の憩いの場だ。ハノイの街をなにげなく散策していたらここにたどりついたという人もいるだろう。ここで一息つくのもおすすめだ。

地元の人も夕方には続々と集まってくる。ハノイの1日はここで静かにふけていく。

ハノイはバイクがとにかく多い。バイクや物音の騒々しさに嫌気がさした人はここでのんびりするといいだろう。ここの雰囲気は癒されること間違いなしだ。

湖の中には島がある。島では玉山祠があり、ここで亀のはく製を見学することも可能だ。


ハノイでぜひ行きたいベトナム版おこわのお店「XOI YEN」

ベトナム料理は日本人の口にあうものが多い。ツアー先でもベトナム料理を食べる機会は多いだろう。ツアーで回るレストランはビュッフェ形式のものが多く、メニューがちょっと飽きてきたという人もいるだろう。そんな人におすすめなのがベトナム版おこわのお店「XOI YEN」だ。ここは地元の人で大賑わいのお店である。

ベトナムは基本的に日本のお米よりパサパサ感がある軽いお米が主食だ。ここのお米はもち米が使われている。もち米になんとマッシュポテト、チキン、ガーリックがトッピングされている。これがまたおいしいのだ。またベトナム風醤油もよくあう。

典型的なローカル食だが病みつきになる日本人も多い。ここはぜひ行きたいお店だ。


ベトナム国民の憩いの場「ホーチミン廟」

ホーチミン廟はハノイの代表的なスポットである。ベトナム国内から多くの人々が一目ホーチミン廟を見ようと訪れる。ホーチミン廟ではベトナムの人々が参拝している姿をしばし目にするだろう。ここには静粛なルールがある。ルールに従って行動した場だ。

ベトナムはさまざまな歴史に翻弄されてきた国だ。アメリカとの戦争やフランス統治時代、中国の侵略もたびたびあった国だ。それでも強い精神を持って戦い続けてきたベトナム人は見習うべき点もたくさんある。民族性として日本人と似通っている面も多い。

服装にも注意したい。ここでは露出の高い服装はNGだ。タンクトップや半袖、ミニスカートなどは避けるのがベストだ。

ここに立ち入るとベトナムを改めて感じることができるだろう。外国人は外国人専用の列に並ぶ必要がある。


ベトナム戦争を物語る「ホアロー収容所」

ベトナム戦争について学校で学んだことがあるかと思う。ベトナム戦争は教科書で学ぶ以上に激しい戦闘がくり広げられた戦争だ。最終的に泥沼になったわけだがその理由の1つがベトナム人の不屈の精神にある。これは日本軍に精通するものがある精神だ。

ベトナムは今でこそ平和だがかつては激戦を繰り広げた場所でもある。ここではフランス統治時代からベトナム戦争に渡ってたくさんの人々が収容された。収容後は想像を絶する悲惨さが待ち受けている。

思わず目を背けたくなるリアルな人形が展示されている。

ハノイはホーチミンと比較すると小さな街であり経済の中心地ではないが、今後メキメキと発展することが予想される。不動産投資としてもハノイは今もっとも熱い。


著者:タカピオ