建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-02-13

シンガポールのおすすめ観光スポットを一挙紹介!不動産視察の際に行ってみよう

  • 海外不動産コラム

シンガポールは日本からの直行便も多く旅行したことがあるといった人も多いであろう。シンガポールの経済状況は引き続き順調で不動産についても安定性が高い。シンガポールの不動産視察ツアーについても盛んに開催されている。いずれシンガポールに移住をと考えている人は不動産視察ツアーに参加してみるといいだろう。

シンガポール入りの際は、観光も満喫したいところだ。ここではツアーの間に行くことが可能なおすすめ観光スポットを紹介したいと思う。


シンガポールのシンボル「マーライオン」

シンガポールでぜひ見たいのがマーライオンだ。マーライオンはライオンがシンボルになっている印象が強いだろう。上半身はライオンで下半身は魚の像となっている。マーライオンは日本のテレビ番組でもたびたび見かける。

マーライオンのマーはフランス語である。「海」という意味があるのだ。

今でこそシンガポールのシンボル的存在となったマーライオンだがもともとは1972年に設計され、リム・ナン・センという彫刻師によって手掛けられたものである。一時はクローズされていたこともあった。2002年には海沿いにマーライオンは新設されている。また故障の経験もある。理由はポンプの故障だ。その当時にシンガポール入りした人はマーライオンを見学できなかったという人もいるであろう。

マーライオンの見学は無料である。自力で行くことができればふらりと見学することが可能だ。


シンガポールの中心地「オーチャード・ロード」

シンガポールの中心地に繰り出したい人はオーチャード・ロードを目指すと良い。ホテルなども多く点在しているエリアだ。ここにはブランド店やショッピングセンターが所狭しと並んでいる。日系のデパートもある。若者たちがこぞって集まる場所だ。シンガポールでショッピングを楽しむならオーチャード・ロードが定番というわけだ。

お土産もここで見学すると一通り揃う。シンガポールはとにかく暑い。赤道直下に位置しており、昼間は外に出たくないといった人も多いだろう。そんなときはクーラーがほどよく聞いているショッピングセンターを見学するのがベターだ。シンガポーリアンも外出はなるべく朝と夕方以降を心掛けている。暑い時間帯は避けているのがわかる。ここはシンガポールの渋谷と言われており、シンガポールを知る上でもおすすめのスポットである。


シンガポールでおすすめの動物園「ナイトサファリ」

シンガポールでは日本語でナイトサファリを楽しむことが可能である。シンガポールのナイトサファリも人気で定番の観光スポットだ。夜に開催されるのでツアー見学後から参加することができる。

トラムで見学する形になっており、日本語トラムを予約するのがベターだ。ナイトショーも開催されているのでトラムに乗車する前に見学するのがおすすめだ。

チケットはその場でも購入することができる。年末年始などよっぽど混雑している時期を除いて、通常は普通に窓口で購入することが可能だ。所要時間は45分ほどである。2時間もあれば十分見学できる。

ツアーで若干疲れ気味といった人もトラムでの移動なのでそこまで疲れず見学できる。シンガポールの都心とはまた違った顔に出会えることだろう。


ヒンドゥー教寺院「スリマリアマン寺院」

シンガポールは人種のるつぼと言われるほど色んな人種がいる国だ。特に多いのは華僑の人々である。シンガポールの公用語は英語となっているが、中国語も公用語レベルで通じる国だ。シンガポールにもチャイナタウンが存在し、チャイナタウンにあるヒンドゥー教寺院がスリマリアマン寺院というお寺だ。インドにあるヒンドゥー教寺院と比較するとコンパクトではあるが、本格的なものとなっている。ここも定番観光スポットだ。

チャイナタウンは異国らしい不思議な空間である。スリマリアマン寺院をはじめ周囲を散策していても楽しいスポットだ。

牛の像がたくさんあることに気が付く人もいるであろう。ヒンドゥー教のシンボル的な存在でもある。


シンガポーリアンの台所「ホーカーズ」

シンガポールでは共稼ぎが当たり前である。ある程度の収入がある家庭ではお手伝いさんを雇い家事や子供の面倒を見てもらうのが普通だ。また食事は外食が多い。いわゆる外食文化だ。シンガポールはインドネシア系住民も多い国だ。しかし料理のメインは中華料理である。コンドミニアムの1Fなどシンガポールの至る場所でホーカーズと呼ばれる屋台(フードコート)が存在する。仕事で忙しいシンガポーリアンの心強い台所だ。

ホーカーズの特徴は安くておいしいことだ。その場で食べることも可能だし、お持ち帰りもできる。1食200円前後で出来立てのおいしい中華料理を食べることができるのだから、なんとも贅沢な話である。ホテルから最寄りのホーカーズを目指すといいだろう。シンガポール観光で1度はホーカーズも体験したいところだ。


シンガポールは色んな国の文化が融合している場と言っても過言ではありません。都会の顔はもちろん、動物園やアジアらしいホーカーズなど色んな場所があります。シンガポールは住みやすい国です。


著者:タカピオ