建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-02-13

タイ・バンコクのおすすめ観光スポットを一挙紹介!不動産視察の際に行ってみよう

  • 海外不動産コラム

タイ首都バンコクは海外不動産視察の中でも特に人気の高いエリアである。タイが好きといった人もいれば、タイに興味がある人、また日系企業が多く進出しているからという理由でタイへの不動産購入を検討する人もいる。そここではタイ首都バンコクでおすすめの観光スポットを一挙紹介したいと思う。


マンダリンオリエンタルホテル

可能であればぜひ立ち寄ってほしいのがマンダリンオリエンタルホテルだ。チャオプラヤ川沿いにあるホテルで老舗の高級ホテルである。「サヨナライツカ」の舞台になったホテルで主演の中山美穂さんがオーサーズラウンジの階段をかけあがる姿は印象深かったといった人も多いだろう。

マンダリンオリエンタルホテルは川沿いやホテル内にタイ料理やビュッフェ、イタリアンなどのレストランがある。夜は寺院がライトアップされ、ディナークルーズが通る。格式あるホテルのレストランからの眺めはまた格別だ。

食事を済ませてからお酒を飲むのに立ち寄ることも可能である。

朝や昼についてもレストランは営業している。BTSサパーンタクシン駅の2番出口からチャオプラヤ川に向かう通路がある。ここからマンダリンオリエンタルホテルやヒルトンなど高級ホテル専用の船が出ており、5分置きに運行している。この船に乗って移動するだけでも趣があるのでおすすめだ。


アユタヤ遺跡観光

バンコクから車で最短45分ほどで行けるのがアユタヤ遺跡だ。アユタヤ遺跡は世界遺産登録されており、ガイドブックでもおなじみのスポットだ。アユタヤ自体はあまり大きな街ではないが遺跡の規模はさすがというレベルである。綺麗な遺跡を想像している人もいるだろうが、廃墟になった遺跡群である。仏像の顔がないものや手足がもげているものもある。日本では考えられない姿で保管されている。

アユタヤ遺跡は1度は見ておきたい遺跡である。現地まで自力で移動してもいいし、時間に余裕があるなら半日ツアーへの参加もおすすめだ。まとめて1度は見ておきたい遺跡群である。幸いバンコクからも近い。タクシーを使い渋滞の時間を避けて行くのが最短ルートだ。


ウィークエンドマーケット

バンコクでは週末ウィークエンドマーケットが開催されている。ウィークエンドマーケットはとにかく規模が大きく、1度違う場所に移動したら迷子になるレベルの広さだ。ウィークエンドマーケットは土日のみの開催でBTSモチット駅のエリアで開催される。営業時間は朝9時ころから夕方18時ころまでが目安だ。とにかく暑いので暑さ対策が必須だ。昼前後は避けるのが無難である。外なので暑さも半端ではない。

ウィークエンドマーケットは絵や服、雑貨などとにかく多くのものが販売されている。お土産の買い物もおすすめの場所だ。タイのお皿なども売っている。また価格が安いのも特徴だ。デパートやホテルの売店では同じようなものが倍以上の価格で販売されていることもある。マーケットなので値段交渉も積極的に行おう。


シーロム地区タニヤ通り

タイにはまる男性の中にはタニヤ通りに魅力される人も少なくない。タニヤ通りは男性向けの繁華街で多くの店がひしめき合っている。和食レストランや日本でもおなじみ焼肉レストラン牛角や通り自体が日本語の看板だらけだ。まるで日本のどこかの通りに入り込んだかのような場所である。

タニヤでは片言の日本が通じることも多い。日本向けの古本屋やゴルフショップなどもある。タニヤはタイ人や欧米人の姿も見かけるがとにかく日本人が多い。呼び込みも日本語でなされている。海外でこんな世界があったなんて・・・と驚く人も多いのだとか。もっともな話である。

和食レストランの単価についても日本とほとんど変わらない店舗も多い。このあたりは日本と同じ価格帯で日本クオリティの食事を楽しめる場でもある。おすすめは夜だ。散策するだけでも楽しいスポットだ。


カオサンロード

タイのバックパッカーの聖地と言われているのが「カオサンロード」だ。近年は昔のイメージとかなり異なりお店も綺麗になっている。バーなどもおしゃれで外国人だけではなくタイの若者たちのおしゃれスポットにもなっている。

カオサンロードは朝から夜までにぎやかだ。特に夜は屋台も多数出ている。カオサンロードはタイの民族衣装から外国の変わったものまで多くのものが販売している。特に驚くのは免許証や学生証などを偽造できるお店だ。日本では考えられないが驚きの商品も普通に販売されている。

タイの観光を集約した通りであり、ぜひ立ち寄ってほしい通りだ。


バンコクは観光スポットが多数ある。どれがいいか迷う人も多いであろう。食事や観光、ショッピングなど的を絞って行動することをおすすめする。また1つ注意してほしいのはスケジュールを詰めすぎないことだ。タイはとにかく渋滞が激しい。そして時間は特に日本のように正確にはいかない。レストランでも混んでいれば30分以上料理が出ないこともざらである。1日フリータイムなど時間に余裕ある人はアユタヤ遺跡などもおすすめだ。半日などあまり時間に余裕がない場合、ホテルからなるべく電車移動が可能なエリアを検討することが大事である。


著者:タカピオ


    【無料】タイ不動産ガイド
    タイの不動産投資情報の動向をまとめた、
    「タイ不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

    無料EBook:タイ不動産ガイド
    タイの不動産投資について10分で分かるガイドブック

    タイの不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

    本ガイドブックでは、

    • タイのおすすめ不動産投資エリア
    • 不動産投資先としてのタイの可能性
    • タイ不動産の税制・法制

    などについて、を27ページに渡り解説しています。タイ不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

    無料ガイドブックをダウンロード