建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-12-02

加速度償却とは?

  • 海外不動産コラム


加速度償却とは?

加速減価償却とは企業向けの優遇制度で15年経過した再投資控除の対象となるものです。また申請には「奨励製品の製造を行っていること」といった条件が付加されます。奨励製品の製造を行っている企業が税制上の申請として加速減価償却を行うことができるのです。

申請については奨励商品を生産している旨証明されたマレーシア工場開発庁が発行している文章と一緒に提出することが条件です。提出先は国税局となります。またマレーシアですが電力供給安定も課題となっています。そのため電力供給安定化機器を利用する企業で設備投資を予定している企業に対し加速減価償却の対象とする処置がとられています。

この処置は2年間の対象となります。電力供給安定化機器に関する加速減価償は財務省に認定されたものです。2005年から優遇処置として実施されているので確認してみるといいでしょう。

加速度償却のメリット

加速度償却にはどういったメリットがあるのでしょうか。メリットですが節税効果のメリットがあります。原価償却を早めることでキャッシュフローのメリットが出るケースもあります。

その分他の設備投資をすることが可能な場合もあります。経理の都合次第で現金がいくら残るか?また次の設備投資をどうするか?といったことを検討できるケースもあります。

加速度償却のデメリット

加速度償却のデメリットですが減価償却が早まるからといって実施の出費が減るわけではありません。経理上の問題なので経理処理としてはもちろんメリットがある可能性もあります。内容についてもよく把握した上で活用を検討するといいでしょう。

加速度償却の活用について

キャッシュフローは企業にとっても大事な問題です。活用できる制度は活用することが大事です。特に資金についてはいつどういったことがあるかわかりません。

東南アジアなど海外では停電やその他のインフラ整備が日本のように整っているわけではありませんし、洪水なども含めてアクシデント対策は必須となります。もしもに備えてそうした予算を見積もっておくことも大事です。機器についても日本のようにすぐに手に入るとは限りません。場合によっては日本から持ってくる必要がある場合もあります。

物価が安いから経費が安いということにはつながらないので予算には余裕を持っておきたいところです。

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。