建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-03-28

ニュージーランド不動産投資でぜひ知っておきたい現地のローン事情について

  • 海外不動産コラム

不動産購入ではローンを組んで購入するといった人もいるかと思う。不動産は高額な買い物のためローンを組む人は実に多い。ローンを組むためにはどういった方法があるのか?またどういった方法がベストなのか。ここで紹介したいと思う。


ニュージーランドのローンについて

ニュージーランドで不動産購入を検討している人はニュージーランドの現地でローンを組む方法を考えている人もいるだろう。ニュージーランドは外国人の不動産購入枠が容易であり、特段規制もない。現地の人と同じように購入できる。ニュージーランドでローンを組むためには現地の収入や永住権がないと良い条件のローンを組むことは難しい。まずはこのあたりから確認する必要がある。


ニュージーランドのローンの金利について

さまざまな条件をクリアしてニュージーランドのローンが組めるといった人は金利を検討する必要がある。金利だがニュージーランドは日本と比較して非常に高く6.5%前後が平均となっている。そのため外国人投資家たちは金利が低い自国でのローンを活用して不動産購入する例が多い。日本人についても同じ状況だ。なるべくなら金利が低い方でローンを組みたいところだ。


ニュージーランドに親戚等がいる場合

ニュージーランドのローンについては融資枠を広げつつあるといった情報もある。どういった層に向けて融資枠を広げているのか?というとニュージーランドに親戚や家族が住んでいるケースだ。結婚した娘がニュージーランドに住んでいるといった場合などもこのケースの対象となる。もちろん自分の伴侶がニュージーランド人の場合もそうしたケースに該当する。

またこれだけではなく、ワーキングホリデーや留学などでニュージーランドに居住している家族がいる場合も該当となる。子供の留学ついでに不動産投資といったことも可能なのだ。

ニュージーランドでは移住民の受け入れも積極的に行っている。ローン貸出の緩和についてはこの一環となる。このようにローンについても年々緩和傾向にあるのでその時の状況で臨機応変に検討するといいだろう。


ニュージーランドのローン貸付

ニュージーランドでローンを借りる場合、留学ビザなどでも借りることが可能なため比較的容易に借りることが可能である。ローンを借りるために短期留学をしビザを取得するといった手でも可能かもしれない。いずれにしてもニュージーランドは外国人受け入れに積極的であること、不動産についても融通が利いたシステムになっていることが特徴である。こうした要素もニュージーランド不動産が人気の原因だ。


著者:タカピオ