建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-03-20

ソマリア・モガディシオのおすすめ観光スポットを一挙紹介!不動産視察の際に行ってみよう

  • 海外不動産コラム

みなさんはソマリアという国をご存じだろうか?ソマリアは長らく内戦が続いた影響で観光地から外れてしまった場所である。モガディシオは以前かなり反映していた都市で大都市といっても過言ではない場所だったところだ。これから復興する可能性は高いのでぜひ見学してみるといいだろう。


廃墟観光

まずはモガディシオを見てみたいといった人も多いだろう。モガディシオは残念ながら廃墟に近い状態となっている。その原因は1991年から内戦が続いた影響である。この影響で建物が破壊されてしまったのだ。さらにそのままの状態となっておりまさしく廃墟状態だ。以前はかなりの規模だったことを伺わせる廃墟ぶりだ。


無名戦士の墓

ソマリアは1960年に独立を果たしている。その際、兵士たちが犠牲になった。無名戦士の墓はその時犠牲になった人々の墓である。このあたりは植物が植えられている。このあたりではこうした整備がなされているのは非常に珍しい。周辺には学校もあるので子供たちとも遭遇できるかもしれない。


リドビーチ

リドビーチはどこにでもあるビーチだ。のどかで気持ちよく滞在できるスポットである。こんなビーチでのんびりできたら・・・と思わずにはいられない。ビーチは観光客の姿はほとんどない。地元の人々がサッカーを楽しんだり、散歩をしている。いつかにぎわいを取り戻す日を願うばかりだ。


モガディシュ大聖堂

ソマリアはイスラム教徒が多い国だ。モガディシュ大聖堂はあるのは意外に感じる人も多いだろう。モガディシュ大聖堂は1928年に建設された。しかし2008年に破壊されている。破壊は過激派によるものだと言われている。本来重要な文化遺産なのだが、ここもまた保存状態が良くない。


平和公園

平和公園はまだ新しい公園だ。平和公園は地元の人の憩いの場として人気である。ここの公園は入場料がかかる。地元の人たちはここでおしゃべりを楽しむ。また子供向け遊具もあるので子連れで訪れる人も多い。公園は高い塀で囲まれている。これも治安の問題だろうか。


ソマリアを知っている人は「治安が良くないのでは・・・」という心配をされる方もいるだろう。今はだいぶ落ち着き、少しずつ観光客も戻りつつある。ただ破壊された場所がまだ修復されていないので整った環境とは言い難い。逆に今は不動産が安く買えるチャンスでもある。これから回復する前に不動産投資をしておくのも良いだろう。


著者:タカピオ