建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-03-20

スイス最大の都市チューリヒのおすすめ観光スポットを一挙紹介!不動産視察の際に行ってみよう

  • 海外不動産コラム

スイスは世界の銀行としても知られる国で安全性が高いことでも知られている。スイスは不動産についても引き続き順調であり投資先としてもおすすめだ。チューリヒについては観光地としても人気である。ここではスイスのチューリヒ入りでぜひ行きたいスポットをご紹介したいと思う。


スイス国立博物館

チューリヒ駅の目の前にあるスイス国立博物館はぜひ立ち寄りたいスポットの1つだ。ここの建物は歴史ある建物である。会場は広いので歩くのに負担にならない靴がおすすめだ。博物館の中は展示が見事である。展示についても工夫が凝らされており、スイス人の芸術関心への高さが伺える。日本では味わえないまた違った雰囲気だ。


リンデンホフの丘

リンデンホフの丘についてもおすすめのスポットだ。リンデンホフの丘はバーンホーフ通りから歩いて数分ほどの場所にある。ここから見る景色はなかなかの絶景なのでぜひ行ってみるといいだろう。市街地についても見学することが可能だ。建物などはあまりないのでその点からも景色が良い。


菩提樹(リンデン)

スイスでぜひ見たいのが菩提樹(リンデン)だ。菩提樹はリンデンホフの丘で見学することができる。このあたりは市民の憩いの場としてもおなじみであり、とても綺麗なスポットだ。リマト川からの景色もあわせて堪能できる。気が付いたらここでかなりの時間を過ごしてしまったという人もいるほどだ。時間に余裕を持って訪れるといいだろう。


チューリヒ美術館

チューリヒ美術館はクロードモネの絵を見ることができるスポットだ。クロードモネの世界をこころゆくまで堪能したい。その他ピカソやシャガールなどについても絵が展示されている。スイスなどヨーロッパではぜひ美術館を訪れてほしい。カフェなどもおすすめである。ここは世界屈指の美術館だ。


チューリヒ大学植物園

チューリヒ大学植物園はドーム型のグリーンハウスだ。どこか懐かしい印象を受ける人も多いだろう。チューリヒ大学植物園は70年代のイメージの植物園で産業デザインが印象的だ。花なども綺麗である。カレンデュラという花はぜひ見てほしい。カラフルで心地いい花だ。


チューリヒは洗練された街である。観光地としてもおなじみの理由がよくわかる国だ。スイスは物価が高いが経済面で安定している国である。こうした場所に不動産投資をしておくのも1つの手段だ。ヨーロッパ各国も不動産視察ツアーを兼ねてぜひ訪れてほしい場所だ。

著者:タカピオ